• メンバーログイン
  • カートの中を見る

白岡市は、まちの花「梨の花」にも象徴されるとおり、梨の生産量、出荷量とも県内有数の生産高を誇る生産地です。春には白い清楚な花が道行く人の目を楽しませてくれます。
現在生産されている品種は「幸水」「豊水」が中心であり、この2種類で生産量全体の90%を占めています。



収穫期:8月上旬〜下旬

赤梨系の早生種で、和なし生産の34%を占める最も生産量の多い品種である。
果肉は緻密で軟らかく、歯ざわりも良好です。さわやかな甘味とたっぷりの果汁で真夏の天然ジュースです。 購入はこちら
収穫期:9月上旬〜中旬

赤梨系の中生種で、和なし生産の30%を占める生産量第2位の品種である。 幸水よりやや大きめで、甘味と酸味のバランスが良く、味わいが濃厚です。 購入はこちら



収穫期:10月上旬〜下旬

赤梨系の晩生種で、和なし生産の11%を占める生産量第4位の品種である。
平均果重が500グラム程度の大型の品種で、歯ごたえがあり、甘味に酸味が加わった初冬の梨です。 購入はこちら
収穫期:11月中旬

新高より更に大きく果重500グラムを超えます。日持ちが非常に良く翌年の春まで楽しめます。
購入はこちら



・梨の皮の色がきれいで、明るいことが新鮮な条件。
・へそ(裏のへこみ)に「の」の字に割れが入っていないもの。
・芯の所が黒くなっていないもの。(黒いと熟しすぎか虫食い)


減農薬栽培に取り組んでいます!!

JA南彩白岡梨部会が中心となり、これまでは難しいと考えられていた減農薬栽培に取り組んでいます。 これはフェロモン剤を利用することにより害虫に「交信かく乱」を起こし、次世代の幼虫の発生を抑制するもので、これにより農薬使用量は従来より大幅に減らすことができました。

また、消費者のみなさんに安心して美味しく召し上がっていただけるよう、土づくり等いろいろな工夫をしています。